人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

初七日

悪夢のような4日間が過ぎ、いつのまにか昨日、初七日を迎えました。
GW中の、急な出来事だったので、ご会葬できなかった方々が、
沢山いらっしゃいました。
そして昨日は、母の日でもありました。
実は、母が亡くなったのは5/2のPM12:29頃なのですが、
ニョウボが、お袋の為にと、花を購入し私に完了のメールをくれたのが、
まったく同じ日の同じ時刻、5/2のPM12:29でありました・・・
偶然と言うかなんと言うか・・・事実を知って、言葉をなくしました。
母はその時、兄貴のお嫁さんと携帯電話で話をしておりました。
その最中に倒れた為、着信履歴を見て、母が亡くなった正確な時間がわかりました。
母は仲の良かった二人の息子の嫁達に、気持ちを馳せられながらこの世を去ったのです。
『事実は小説よりも・・・』という言葉がありますが、そんなこともあるのですね。

それと、母が亡くなってから不思議な事が起こっているます。
母が亡くなった5/2から、私のニョウボが実家へ泊まりこみ、
親族や知り合いに連絡をとったりと、色々仕事をしてくれていたのですが、
その日から母が良く座っていたダイニングキッチンの蛍光灯が突然勝手に消えるのです。
別にグローや蛍光灯が悪いわけでなく、リモコンでONするとちゃんと点灯します。
今まで遊びに来ていた時は、そんな事1度もなかったのに・・・
私がその事に気付いたのは、5/5告別式が終わった翌日のことです。
兄が、親父と私になべ料理を振舞ってくれ、母の思い出話で談笑をしていた時です。
母の席に、何気にウーロン茶を置いてあげて、しばらくして突然、蛍光灯が消えました・・・
最初は、『なんだ壊れたか?』と思ったのですが、その後も会話の良いタイミングで『パッ』と消えるのです。それも何度となく…
『きっとお袋さんも話したいんだね~』と、笑いながらみんなで結論付けました。
ちょっとオカルトじみた話ですが、別に怖いという風には思えません。

昨日は、引出しの中を整理していた時の事、みしらぬ男物の時計が出てきて、
処分したほうが良いかな…と時計を見ていると『パッ』と灯りが消えました。
後でみんなに確認しましたら、親父がまったく知らない兄貴の時計で、
自分では買っていないとの事。もしかしたら母が購入しプレゼントしたのかもしれませんね。
なんだかまだ母が近くにいてくれているのかな・・・なんて
そんな気がした私にとっては素敵な出来事でした。
所で皆さんは、魂の存在を信じますか?
私は今回に関して、『いて欲しいな~』っおもっています(^^)
by simachang1 | 2005-05-09 19:40 | 家族